老朽管路の更生工法 
Two-Wayライニング工法協会

協会概要

連絡先

【本部】〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-3-21
TEL 092-473-6169
FAX 092-894-6172


事務局(書類送付先)※見積の依頼はこちらへ
福岡県福岡市西区小戸3-50-20
TEL 092-473-6169

 

建設技術審査証明書

 

目的

農業用水利ストックの増大に伴い、標準的な耐用年数を経過した施設の老朽化が急速に進行している。
とりわけ、パイプラインの劣化による被害は、漏水・道路陥没等により地域社会に重大な影響をもたらす為、周辺環境と調和した、安全で、経済的な維持管理・補修・更新が急務である。
これらの社会背景を受け、耐震性・水密性に優れた高内圧対応型の非開削管渠更生技術を開発した。

 

技術の概要

本技術は、長距離(Max800m)のライニングが可能で、内圧に対し高い耐性を有し、分岐部での水密性を有する樹脂含浸チューブによる、農業用パイプラインを非掘削で更生する技術である。
プラスチックフィルムで外表面を被覆した樹脂含浸チューブを老朽管路内に反転挿入させ、樹脂含浸チューブを空気圧又は水圧で加圧し、老朽管壁に張付け、その状態を保ち、樹脂含浸チューブを加熱又は常温で硬化させ、老朽管内面に水密性の高いプラスチックパイプを形成する。
two-way樹脂含浸チューブは、プラスチックファイバーの織布及び不織布にグラスファイバーを複合させることにより内圧に対し高い耐性を有する構造に構成されている。

 

 
pagetop